会社沿革
明治19年 久留米市通町に於いて初代小斉捨次郎の個人商店として創業。
大正13年 久留米市東町と御井町に2工場建設、農業用鉱業用、土木建築用金網の製造開始。
昭和3年 合名会社 小財金網製作所を設立、久留米市諏訪野町へ工場移転。
昭和25年 福岡営業所 開設。
昭和36年 溶接金網の自動溶接機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和38年 本社を久留米市より、福岡市に移転。
昭和44年 菱形金網自動編成機を開発、同製品製造販売開始。
昭和45年 日本工業規格表示許可工場となる。
昭和46年 伸線機を導入、鉄線の製造販売開始。
昭和48年 鉄筋溶接機を開発、バーメッシュの製造販売開始。
昭和49年 スパイラルフープ製造機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和50年 久留米工場より、福岡県三井郡北野町に工場の全面移転。
昭和55年 蛇篭製造機を開発、同製品の製造販売開始。
昭和58年 宮崎営業所開設。
福岡県三井郡北野町工場を福岡工場に名称変更。
昭和59年 南九州工場を宮崎県えびの市に建設。
鹿児島営業所開設。
昭和60年 ガードパイプ製造販売開始。
昭和61年 パイプフェンス製造販売開始。
平成2年 福岡第2工場を建設。
平成3年 GE-(防獣)フェンスの製造販売開始。
平成4年 MK台座の製造販売開始。
平成4年 本社を福岡市中央区薬院に移転。
平成5年 フラッシュ(閉鎖型)フープの製造販売開始。
平成9年 組織及び社名を株式会社小財スチールに変更。
平成16年 KSかご枠の製造販売開始。
平成21年 大刀洗工場新設。

お問い合わせはこちらから

Downloads
  • 各種カタログ
  • 材料承認願
  • 施工歩掛
  • JIS規格

かごマットQ&A

会社案内

ページ上部へ戻る